文学に歌われた、人々の住処「家」を紹介していきます。

日本文学の「家」

海外文学の「家」

「家」の文学が史実を語る

映像化された「家」の文学

文学に歌われた、人々の住処「家」

家とは人の住まいであり、生活していく以上必ず必要になるものです。生活環境が多様化している今でも、生活拠点としての家は、そこに住まう家族や人を守っていくものとして、今後も変わらずにあり続けます。

そして、文学のテーマのひとつとして、昔から使われ続け、今後も決してなくならないもののひとつに「家」があります。それは、単に物理的に存在する家でもありますし、何らかの象徴として登場する家である場合もあります。

例えば、家とは家族の象徴であったり、人を縛る牢獄でもあったり、憎悪や憧れの対象でもあるのです。人が人に持つ感情のすべては、「家」に対しても向けられるものなのです。

そして、その「家」の捉え方は、時代や国にとって様々に変化してきました。家をテーマにして、文学を見ていくと、主人公にとってだけではなく、実に多様な家のあり方が見えてきます。

このサイトでは、文学にとっての家がどんなものだったのかを紹介していきます。そうする事で、私たちにとって当たり前の存在である家がなんなのかを、改めて考えるきっかけになればと考えています。

文学に歌われた、人々の住処「家」

文学に歌われた、人々の住処「家」日本文学の「家」海外文学の「家」「家」の文学が史実を語る映像化された「家」の文学サイトマップ
Copyright(C) 2011 - 文学に歌われた、人々の住処「家」 - All Rights Reserved.